らんまるの自己紹介

【Airpodsシリーズ購入前比較】どっちを購入すればいい?AirpodsとAirPods Pro買うなら絶対Airpods Pro!



こんにちは!2児のパパのらんまる(@RunmaruB)です!

以前の記事でも紹介しましたが私は40歳を迎える少し前から肉体改造を始めました。

トレーニング歴も約2年になってきた辺りでトレーニング時やランニング時に使えるワイヤレスイヤホンを探していました・・・・

らんまる
以前は中華製の安いワイヤレスイヤホンをAmazonで購入しましたがレビューに完全に騙された商品ですぐに故障しました。

それからはiPhone純正の有線イヤホンを使用していましたが、普段使いにはそれほど苦にはならないのですがトレーニング時や睡眠前のリラックスタイムにはケーブルが邪魔になって使う事さえも出来ませんでした・・・・

そこで・・・・おもいきって信用できるメーカーのワイヤレスイヤホンを購入しようと決めました。

色々なメーカーから発売されていましたが私はプライベートもビジネスもiPhone(iOS)ユーザですのでメーカーはappleのAirpodsシリーズ一択に決めました。

次に迷ったのはAirpodsかAirpodsProかの選択です。

らんまる
この問題はみんなぶつかる問題ですよね!!!

お金に余裕がある人はAirpodsProで決まりだと思いますが、私みたいに小遣いに余裕がなければこの5,000円~11,000円の価格差はかなり大きいです。

もちろん価格差に見合った性能や機能の差があれば問題ないのですが。

※Applewatchを購入する時でもモデル選びには迷うと友人が言っていました(笑

購入するにあたって悩んだ4つのポイント!

  • 予算
  • 機能・性能・デザイン
  • 外部取り込み必要?不必要?

この記事が役に立つ人

  • AirpodsかAirpodsProか悩んでる方

ぜひご覧ください。

 

AirpodsとAirpodsPro徹底比較

AirPodsとAirPods Proのデザインの違い

 

AirPods

AirPodsは、充電用のケースの中にイヤホン本体を収納する構造になっています。

サイズは53.5×幅44.3×厚さ21.3mm
重さは40g

AirPodsはオープン型と呼ばれるデザインが採用されてい耳にて耳に引っ掛けるタイプのインナーイヤー型で長いステムを採用しているため、筋トレ時やランニング・スポーツなどの激しい運動をすると耳から落ちることが多く、イヤーチップも付属してないので耳の形によっては装着することすらできないこともあるみたいです。

AirPodsが発売された直後から“耳からうどん”が出てると話題のデザインですが私自身は気にはしていなかったですが、いざAirpodsシリーズを購入しようと検討し始めたら、Airpodsを着けている人を見たら目につくようになり少し違和感がでました。。。。

 

サイズは40.5 x 16.5 x 18.0mm
重さは4g

AirPods Pro

AirPodsProも充電用のケースの中にイヤホン本体を収納する構造になっています。

サイズは高さ45.2×幅60.6×厚さ21.7mm
重さは45.6g

※高さが小さくなったため、幅と厚みが増しているデザインになっています。

AirPods Proは耳穴に入れて使うカナル型ですがイヤーピースを装着するノズルが出っ張っていないのが特長です。
耳の形や大きさに合わせたカスタムイヤーチップが選べるため、AirPodsよりも遥かに落ちにくく、ランニングや筋トレ・軽いスポーツぐらいで耳から落ちることはほとんどないのが特長です。

またAirpodsのように”耳からうどん”と言うデザインはAirPods Proでは、ステムが短くなったことでよりスタイリッシュなデザインにリニューアルされステムが短くなったことで手をかけて耳から落下して紛失するリスクも減りました。

 

サイズは30.9 x 21.8 x 24.0mm
重さは5.4g

らんまる
サイズはAirpodsProの方が小さく、重さはAirPodsの方が軽く、片方で1.4gの違いがあります。

 

AirPodsとAirPods Proの機能・性能の違いは?

音楽の操作方法の違い

Airpods
  • ダブルタップで再生、次の曲にスキップ、電話に応答
  • 棒状の部分を指でタップするように、振動を与えて操作
  • 「Hey Siri」と話しかけるだけで、曲の再生、電話の発信、経路のチェックなどの操作が可能

AirpodsPro
  • 1回押して再生、一時停止、電話に応答
  • 2回押して次の曲にスキップ
  • 3回押して前の曲にスキップ
  • 棒状の部分を指で挟むようにして感圧センサー複数ので複数の操作が可能にした操作方法
  • 「Hey Siri」と話しかけるだけで、曲の再生、電話の発信、経路のチェックなどの操作が可能

防水性能の違い

Airpodsは「耐汗・耐水]には対応していません。
AirPods Proは「防水・防汗」 ではありませんが「耐汗・耐水]には対応しています。

耐水性能は9段階中4番目のIPX4で、短距離かつ全方向から10分間水をかけても動作に影響なく使用できます。
またトレーニングやワークアウト中の汗や雨には耐えられます。

ケースは耐汗・耐水ともに非対応です。

AirPods Proだけの機能・性能

アクティブノイズキャンセリング

AirPodsPro搭載されているノイズキャンセリング機能は、オンにすると内と外のマイクによって耳の中にノイズが届く前にそれを打ち消し、アンチノイズを作り出して無音に近い空間にしますので周囲が騒がしいときも集中して会話や勉強ができます。

外部音取り込みモード

外側のマイクで拾った音をイヤホン内部で再生する機能でイヤホンを外すことなく、会計時の店員さんとの会話や、車の走行音・電車のアナウンスなどの周囲の環境音を確認できますので車内アナウンスやクラクションなど大事な音がちゃんと耳に届くようになる機能です。

空間オーディオ対応

Apple TV+とApple Music・Netflixに対応している映画館さながらの前後左右、そして上から音に包み込まれているような臨場感のある音楽体験が味わえる「空間オーディオ」に対応してるのもAirPods Proだけの性能です。

バッテリー駆動時間・充電時間の比較

Airpods
  • 連続再生時間:最大5時間
  • 連続通話:最大3.5時間
  • 再生時間:24時間以上
  • 充電時間:15分間の充電で最大3時間の再生または最大2時間の連続通話

AirpodsPro
  • 連続再生時間:最大5時間(ノイズキャンセリング時: 最大4.5時間)
  • 連続通話:最大3.5時間
  • 再生時間:24時間以上
  • 充電時間:5分間の充電で約1時間の再生または連続通話

AirPodsとAirPods Proの価格の比較

Airpods
  • 充電ケースセット:19,580円
  • ワイヤレス充電ケースセット:25,080円
  • 再生時間:24時間以上
  • 充電時間:15分間の充電で最大3時間の再生または最大2時間の連続通話

AirpodsPro
  • ワイヤレス充電ケースセット:30,580円
  • 連続通話:最大3.5時間
  • 再生時間:24時間以上
  • 充電時間:5分間の充電で約1時間の再生または連続通話

らんまる
AirpodsとAirPods Proの差額は5,500円〜11,000円です。
WordPressでマーカーアニメーションAirPods Proに価格差の価値があるのか、ないのかが購入の決め手になります。

 

まとめ:私は結局Airpods Proを購入しました。


これまでの記事でAirPodsとAirPods Proの比較をしてきました。

結果、購入したのはAirpodsPro♬

最大11,000円円の価格差は貧乏サラリーマンには大きいですがありますがAirPodsに比べて大幅に性能が上がっていることを考えるとAirPods Proは十分に価格差を埋めるだけの商品だと思いました。

結果から言えばAirPods Proは買って間違いない商品だと思います。

詳細は次回の記事で説明しますがノイズキャンセリングと、外部音取り込みモードだけでも凄い便利で集中して仕事やトレーニングをしたい時に最高の機能だと思いました。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA