らんまるの自己紹介

【2022年春のクレジットカード入会キャンペーン比較】イオンカードVS楽天カード徹底比較!



こんにちは!2児のパパのらんまる(@RunmaruB)です!

唐突ですが、このキャッシュレスの時代にクレジットカードの1枚や2枚はみなさん持たれていますよね!

クレジットカードはポイントによる還元やポイント移行を受けられたり、カードに付帯する特典や優待サービスを利用できたりと、多くのメリットがあるのが特徴ですよね。。。

今回は、クレジットカードのなかでも、家族(ファミリー世代)に持って頂きたい大人気のクレジットカード「楽天カード」「イオンカード」を徹底比較したいと思います。

どちらとも入会・年会費永久無料でポイント還元率も高く、ポイントを貯めるのも使えるお店も多いのが特徴なクレジットカードです。

らんまる
どっちがいいのか迷う方も多いでしょうが結果から言うと両方持ちが一番です。
国際ブランドがVISAとMaster Cardと違うので使いわけて持つのも良いかと思います。

 

それではイオンカードと楽天カードの最強カード決定戦を行いたいと思います。

 

①イオンカード

言わずと知れた老若男女誰でもお得に使える最強カード。

イオン系列店舗(イオン、ビブレ、マックスバリュ・KOHYOなど)でイオンカード決済あるいはWAON決済を使うことで通常の2倍のポイントを獲得できるイオンをメインショップにしている方には最高の1枚です。

らんまる
イオンカード入会のメリット
①入会金・年会費無料
②毎月20日と30日はショッピングの代金が5%オフ
③毎月10日ポイント2倍の「ときめきWポイントデー」
④毎月15日、55歳以上対象の「G.G感謝デー」
⑤毎月「サンキューパスポート」と、誕生日月に「バースデーパスポート」が送られてくる。
⑥イオンシネマ300円割引。毎月20日・30日は1,100円で鑑賞できます。
⑦ミニオンズカードとTGCカードはイオンシネマ1000円 ☜これ最強です・・・・・

最大10,000WAONポイントプレゼントの詳細・入会はこちらから

ポイント貯めかた・ポイント利用方法

イオンカード払いで買い物するとときめきポイント」が200円ごとに1ポイント貯まり、電子マネーのWAONで支払うと「WAONポイント」200円ごとに1ポイントが貯まります。

貯まったポイントはJALマイルやdポイントに移行出来たり、景品・ギフトカードに交換・買い物にも利用する事が出来ます。

2022年5月10日までの新規ご入会・ご利用特典!

最大10,000WAONポイントプレゼントの詳細・入会はこちらから

2022年5月10日(月・祝)までの期間中に、対象カードに新規でお申込みいただき、発行されたカードで2022年6月10日(木)までにカード払いが対象。

さらにWEB入会限定特典
1,000円相当のWAONポイント進呈!<イオンJMBカードは500マイル>


カード払いを合計2万円(税込)以上5万円(税込)未満ご利用で、2,000ポイントプレゼント!(2,000円相当分)
<イオンJMBカードは1,000マイル>


カード払いを合計5万円(税込)以上10万円(税込)未満ご利用で、5,000ポイントプレゼント!
(5,000円相当分)
<イオンJMBカードは2,500マイル>


カード払いを合計10万円(税込)以上ご利用で、10,000ポイントプレゼント!
(10,000円相当分)
<イオンJMBカードは5,000マイル>

 


最大10,000WAONポイントプレゼントの詳細・入会はこちらから

2022年6月10日までの新成人応援10%キャッシュバックキャンペーン

新成人応援10%キャッシュバックキャンペーンの詳細・入会はこちらから

②楽天カード

楽天グループが発行するクレジットカードで、主にネットショップの楽天市場で買い物をする事が多い方には必須のカードです。

※楽天ポイントは貯めたり使用できるお店が街にたくさんあるのが魅力です。

顧客満足度調査でも11年連続首位に立つ人気で信頼のブランドでもあります。

らんまる
楽天カード入会のメリット
①入会金・年会費無料
『楽天市場』でのポイント還元率は最大3%。
③街の店舗だけでなくECサイトでも常に100円につき1ポイント
④楽天市場でのポイント還元率が高くなるSPU(スーパーポイントアッププログラム)制度を導入
⑤海外旅行傷害保険が付いている

ポイント貯めかた・ポイント利用方法

街のお買い物で楽天カードを提示すると100円につき1ポイント貯まり、楽天市場(楽天ブックスを含む)では最大3倍・楽天グループのサービスを使えば最大16倍ポイントになります。

貯まった楽天ポイントは楽天市場など楽天のサービスや楽天ポイントカードが使える街のお店でのお支払いに使えます。

 

楽天カード新規ご入会・ご利用特典!

新規入会で楽天市場で使える最大5,000円分のポイントプレゼント!


楽天カード新規入会&御利用で5,000ポイント進呈!


イオンカードVS楽天カード徹底比較

カード会社
選べる国際ブランドMastercard、Visa、JCBMastercard、Visa、JCB、Amex
本会員カード
年会費
永年無料永年無料
家族カード会員
年会費
永年無料永年無料
非接触型カード決済Visa対応Visa, Mastercard対応
実施キャンペーン2021年1月31日迄
最大10,000ポイントプレゼント
常時
最大5,000ポイントプレゼント
ポイント還元率100円ごとに1ポイント100円ごとに1ポイント
特典毎月20日・30日5%OFFに!
毎月5のつく日はWAON POINTが2倍!
イオンシネマ割引
楽天グループを使えば使うほどポイント最大16倍!
海外旅行保険無し海外旅行傷害保険
電子マネー
Apple Pay
対応
ID
対応
QUICPay
ショッピング保険年50万円のショッピング保険が付帯対応なし
セキュリティー本人認証サービス(3Dセキュア)本人認証サービス(3Dセキュア)
公共料金支払いポイント対象対象
ポイントの使い方ポイント移行
イオングループでの買い物
ポイント移行
楽天市場での買い物
マクドナルド、ミスタードーナツ、ファミリーマート、吉野家、すき家、出光などのリアル店舗
ETC無料500円(税抜)
らんまる
結果発表
引き分け
どちらも非常にコスパが良くメインカードとして持つのには最高だと思います。
国際シェアが高いVisaとMastercardに両方持ちにして海外保険が付いている楽天カードをVisaにするのはいかがでしょうか?
我が家は買い物は殆どイオンですのでイオンカードがメインでネットショッピングの利用とポイント貯めはポイント加盟店が多い楽天カードを使用しています。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA