らんまるの自己紹介

【牛丼チェーン4社徹底比較】”店舗数・価格・カロリー”吉野家・すき家・松屋・なか卯・徹底比較しました。



牛丼チェーン比較

こんにちは!2児のパパのらんまる(@RunmaruB)です。

私みたいに外回りの仕事が多い会社員や現場系のワークマンの方が良く利用する安くて早くて美味しいが売りの牛丼屋さん。

時間に追われていて早く食事を済ませたい時や、給料日前であまり財布に余裕がない家族持ちの男性にとって心強い味方でもありますよね。

早くて安くて食べれるファストフードもたくさんのジャンルがあり、家族連れや女性の一人ランチで利用される「マクドナルド」「KFC」などのハンバーガーチェーンもその一つです。

牛丼チェーンのイメージは食べたらすぐに出て仕事に戻る働く男たちやお腹いっぱい食べたい学生のイメージがありますよね!
女性には少し入りにくいイメージがまだあります。

 

牛丼チェーンの代表的なものをあげると下記の統計の通り「吉野家」「すき家」「松屋」「なか卯」の大手4チェーンになります。


※引用先 マイナビニュース

らんまる
私は肉体改造中ですので、あまり口にする事はありませんが、「吉野家」の朝定食やお昼の定食は魚類がありますので良く利用します。
後カロリーが少なく炭水化物が少ない「すき家」のライト丼も利用します。

それでは大人気の牛丼チェーンを徹底比較したいと思います。

大人気の牛丼チェーン徹底比較

吉野家

らんまる
2022年10月1日に値上げ!
原材料価格高騰や物流費上昇の影響を受け、自社努力だけでは現在の価格を維持することが困難な状況になった。“検討を重ねた結果”、現在の品質を維持しながら安定して商品の提供を続けていくために、やむを得ず商品の価格改定を決めたという。

基本データー

  • 牛丼(並)448円 652kcal
  • 国内店舗数1191店(2022年5月現在)
  • グループ店舗(はなまるうどん・京樽)
  • 使える・貯めれる・楽天ポイント、Tポイント

吉野家のおすすめポイント

  • 定食のご飯のおかわりが無料
  • お魚の定食が豊富
  • 割引クーポンが多い(スマートニュース・ヤフークーポンetc・・・・)
  • 『ライザップサラダ牛丼』が女性や健康志向の消費者に大人気。
  • スマホオーダーでテイクアウト予約が出来る(しかも「アタマの大盛り」「つゆだく・つゆぬき」などの指定も可能)
  • ポケモンコラボが子供に大人気

利用できる決済方法

・クレジットカード決済(JCB/VISA/MASTER/ダイナース/American Express/)
・ コンビニ決済

 

すき家

らんまる
2021年12月23日に6年ぶりに値上げ!
原因は新型コロナウイルス禍で生産地の人手不足による牛肉価格の高騰!

基本データー

  • 牛丼(並)400円 733kcal
  • 国内店舗数1940店(2022年5月現在)
  • ゼンショ―グループ店舗(なか卯・ココス・ビッグボーイ・はま寿司)
  • 使える・貯めれる・楽天ポイント、dポイント、Pontaポイント

すき家のおすすめポイント

  • 期間中何度も使える「Suki pass 」でポイント・割引GET出来る。
  • チーズ・キムチ・オクラなどトッピングが豊富
  • 牛丼以外にもうなぎ丼やマグロ丼などメニューが豊富。
  • 牛丼ライトがダイエッターに大人気。
  • 家族連れでも入りやすい雰囲気。
  • クレヨンしんちゃんとのコラボがキッズに大人気

利用できる決済方法

楽天Edy / iD / QUICPay/Suica / PASMO / manaca / SUGOCA / TOICA / nimoca / Kitaca / ICOCA /au PAY プリペイドカード / ソフトバンクカード / LINE Payカード /クレジットカード

 

松屋

らんまる
2021年9月28日に値上げ!
原因は新型コロナウイルス禍で生産地の人手不足による牛肉価格の高騰!

基本データー

  • 牛丼(並)380円 692kcal
  • 国内店舗数1197店(2022年5月現在)
  • グループ店舗(松のや・すし松)
  • 使える・貯めれる・楽天ポイント、dポイント

松屋のおすすめポイント

  • 店内なら牛丼にお味噌汁付き
  • 牛丼チェーンで一番安い。
  • 朝食のメニューが安くて多くておいしい。

利用できる決済方法


※クレジットカードは使用出来ません。

 

 なか卯

らんまる
2022年に値上げ!
原因は世界的な原材料価格・原油価格の高騰を受け、食材費に加え、配送費、 包装資材費、IT関連費用、店舗の建設・維持費、
エネルギーコストなどの上昇が 続いております。これらの価格高騰に対応し、商品の品質維持・向上と安定供給を 図るため

基本データー

  • 和風牛丼(並)490円 713kcal
  • 国内店舗数550店(2022年1月現在)
  • ゼンショ―グループ店舗(すき家・ココス・ビッグボーイ・はま寿司)
  • 使える・貯めれる・楽天ポイント、dポイント

なか卯のおすすめポイント

  • 子丼が美味しくてボリュームがある
  • お持ち帰りアプリが便利。
  • 牛丼より麺類が豊富でおいしい。

 

利用できる決済方法

Suica / PASMO / manaca / SUGOCA / TOICA / nimoca / ICOCA / はやかけん/ d払い / au PAY / Alipay /クレジットカード

 

まとめ

いかがだったでしょうか。

どの牛丼チェーンも価格やカロリーも違うのがわかりますよね。

ダントツ店舗数が多い「すき家」に驚いたのと「なか卯」と同じ会社なのも初めて知りました!

お客様人気度1位の「吉野家」!

「松屋」の決済方法の豊富さと価格の安さ!

今回牛丼チェーンそれぞれに特徴があるのがあらためてわかりました。

あなたはどの牛丼チェーンがいちおしですか???




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA